VBScript の概要と最初に必要なファイルアクセス

VBScript は、とても親しみやすいスクリプト言語です。Windows の中でもとても便利で簡単に利用する事ができますし、コマンドプロンプトで処理する事も想定されています。

VBScript は拡張子として .vbs と .wsf が使われますが、.vbs は特別なフォーマットを意識せずに始められます。Windows のメモ帳を開いてすぐ始める事ができます。
VBScript を利用するにあたって、一つ重要な事があります。VBScript はメモリの操作を行うような処理は関数として持っていますが、アプリケーションとして重要な外部に対する処理は、通常オブジェクトを作成して、そのオブジェクト経由で行われます。

FileSystemObject オブジェクトは、Windows が最初から用意している、テキストファイルにアクセス( 作成、更新等 )する為のオブジェクトです。このオブジェクトを使ってテキストファイルを読み書きする事が、VBScript では最初に重要になります。
Dim fso, MyFile
Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set MyFile = fso.CreateTextFile("c:\testfile.txt", True)
MyFile.WriteLine("こんにちは")
MyFile.WriteLine("1行単位に書き込んでいます")
MyFile.Close
上記ソースコードは、テキストファイルを新しく作成して、行単位でテキストを書き込む処理ですが、Scripting.FileSystemObject という Windows に登録済みの名称によってオブジェクトを作成して、そのオブジェクトのメソッドやプロパテイを利用します。

以下は、既存のテキストファイルを一行づつ読み込んで、一行づつ書き込む処理です。Wscript.EchoWscript は、最初から存在するシステムのオブジェクトで、最低限の OS との対話機能を持っています。
' ************************************
' オブジェクト作成
' ************************************
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

InFile = "c:\temp\test1.txt"
OutFile = "c:\temp\test2.txt"

' ************************************
' ファイルオープン
' ************************************
on error resume next
Set InObj = Fs.OpenTextFile( InFile, 1 )
if Err.Number <> 0 then
	Wscript.Echo
	Wscript.Quit
end if
on error goto 0
Set OutObj = Fs.OpenTextFile( OutFile, 2, True )

' ************************************
' 処理
' ************************************
Do While not InObj.AtEndOfStream
	Buffer = InObj.ReadLine
	OutObj.WriteLine Buffer
Loop

' ************************************
' ファイルクローズ
' ************************************
OutObj.Close
InObj.Close

以下のメソッドは重要なので確認して下さい。

1) CreateObject メソッド
2) Echo メソッド
3) Quit メソッド
4) Sleep メソッド



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。