2010年09月12日


PHP で最初に知っておく ; で終わる処理記述に関わる事

 print "文字列";
print は 関数では無く、「言語構造」だそうです。echo という関数がありますが、
日本人はそもそも、echo ってなじみが薄いので、print でどうぞ。

 exit();
この処理が実行されると、以降の処理は実行されません。

 mixed print_r ( mixed $expression [, bool $return= false ] );
これ知らないとデバッグできません。オブジェクトでも、配列でも文字列に変換して
改行つけたり、いろいろ見やすくしてくれます。また、第二引数に true を指定すると
表示せずに、戻り値に返してくれるのでとても便利です。

 phpinfo();
PHP の情報が全て表示されます。必須です。

 reqire_once("phpファイルのパス");
別のファイルに書いた記述をそのまま埋め込みます


で、PHP の書ける場所を用意する場合
<?

phpinfo();

?>

<?php

phpinfo();

?>

<script language="php">

phpinfo();

</script>

<?= 値を持つ記述 ?>


先頭の書き方が簡単です。2番目は一番推奨するそうですが、始めるにあたっては
先頭のほうがいいです。3番目は「こんなのもある」ですね。

最も重要なのは、4番目です。これを知らないと PHP を知らない事と同義です。

関連する記事

PHPモードとHTMLモード : breaks out of PHP mode and returns to HTML mode


posted by at 22:13 | Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。